のんびりとした日々

主に、遊戯王OCG、オンラインをやっていて思ったことなどをだらだらと書いています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回は、YO3で比較的流行るであろうデッキをあげてみようと思います。
OCGでの経験からの内容になるのでもし違っていても怒らないでねw
(パック50、アンデストラク、ターミナル2弾まで出てることを前提とします)

大体あげるとするならば、
ガン攻めデッキ
猫シンクロ系列
アンデシンクロ
デステニーシンクロ
アンデライロ

ビートダウン
剣闘獣
HERO(アブソルートが出ていれば)
光アンデ
ダークアンデ
ガジェ
カオススタン(ソーサラーが戻っていれば)
スキドレ植物

あたりかな? バーン、コントロールデッキはかなり小数になると思われます。
唯一バーンで出てくるのがナースバーンくらい。そのほかは環境の速度に追いつけないです。
ロックしても相手がシンクロを使うなら間違いなくブラックローズドラゴンが飛んできますし。
では、各デッキの説明
猫シンクロ
いわずと知れた強力シンクロデッキ。認知度もあいまって最初のうちは大体の人はこれを使うだろう。
猫システムは比較的他のものともあわせやすいため、派生デッキも多い。
このデッキの一番の強みは貪欲な壺が撃てる速さだろう。シンクロによるアド損を回復しやすい。
だが、このデッキにも弱点はある。 元から比較的完成されているデッキなだけに対処もされやすい。
また、貪欲を引けないもしくは使えない状況になってしまうとすぐに弾切れを起こし崩れてしまう。
寒波の制限も痛い。相手の弾圧を止めるすべが少ないからだ。
制限しだいだが、猫が制限にかかっていたら台頭するのは難しいだろう。
それでも、速さがダントツなことに加えトップドローで逆転できる可能性があるデッキのため強いのは確かである。

アンデシンクロ
これも、いわずと知れた強力なデッキ。猫と違って早さは無いが、持久力に優れ、場合によっては連続シンクロからの1キルも容易なデッキ。チューナーであるゾンビキャリアまたはシンクロ素材として優秀なゴブリンゾンビを馬頭鬼によって連続蘇生しシンクロして展開していくのが主な動き。
このデッキの弱点は、あまりにも異次元からの埋葬に頼りすぎていると言うこと。それを止められただけで簡単に崩れ去ってしまう。また、弾圧などの特殊召還メタが効きすぎるという点。
このデッキは、プレイングが比較的難しいので使う人を選ぶだろう。

デステニーシンクロ
現在、海外のOCGにおいて流行っている部類のデッキ。日本での知名度はあまり高くない。
だが、アンデシンクロと同時期に猛威を振るったシンクロダーク(SDL)というのを聞けば少しは分かりやすいと思う。内容的にはそれに似ているのだが、動きとしては違ったものになる。Dドロー、闇の誘惑によるドロー加速を狙っていることに変わりは無いがそれでも動きとしては全く持って違う。シンクロダークにアンデシンクロの要素を加えたものと言えば分かりやすいかもしれない。アンデシンクロ以上にプレイングを要求されるデッキだろう。
(なにぶん自分もこのデッキのことをあまり分かっていないものでして><)

アンデライロ
OCGで猛威を振るっているデッキ。ライトロードによって落とした馬頭鬼やゴブゾン、キャリアを使って攻めていく。裁き効果のあとのシンクロ展開が凶悪で、普通に1キルまで持っていくことが出来る。
ただ、OCGと違い、援軍無しに加えいろいろなカードが制限にかかっているためそれがどう影響するかだろう。

剣闘獣
エクイテ、戦車の実装が大きい。特に戦車。元から罠ビート構築でモンスター効果だけが悩みの種だったのだが、これのおかげで場に剣闘さえいればラクに1:1交換で処理することが出来るようになった。ヘラクレイノスの後ろにおいておけばほとんどの相手の行動を制限することが出来る。
基本的にはメタ側に回るデッキになるだろう。

HERO
アブソルートによる除去能力の存在がでかすぎる。それをたたせておくだけで相手のモンスターの展開を抑制できる。
プリズマーにより速さを出すことも可能。弱点はアンデ同様に特殊召還メタに弱いという点。

光アンデ
アンデストラクで登場した光属性のアンデットモンスターとオネストによるビートダウンを行うデッキ。基本的にはスキドレを採用した罠ビート構成になる。アンデの特権である馬頭鬼により墓地から沸いてこれるため普通のメタビートと違い除去に強い。また基本的に馬頭鬼頼りでもないため弾圧にも耐性がある。

ダークアンデ
猫メタとしてもともと生まれたデッキ。ネクロガードナー、馬頭鬼により持久戦にとてもつよい。
逆に、後に台頭してくるBFには弱い。

ガジェ
ご存知罠ビートの代表。元から特殊召還などをメタる構築のため、特殊召還が増えてくる今後はメタデッキとして台頭してくるだろう。

カオススタン
対応力が高いので、いけるか? 構築次第になるだろう。

スキドレ植物
ロンファ、椿姫ティタニアルというスキドレと相性がいい植物を軸にしたデッキ。
ティタニアルによりサイクロン、ダムド、ブリューナクにはめっぽう強い。
ただ、ギガプラントが入れづらいため持久力はやや低め。

偉そうに書いてきましたがこんなところ。
YOは基本的にシングル戦メインのためガン攻めデッキが強い環境になりそうですね。
シングルメインってかなり嫌な環境なんですよね。
メインからメタカードを入れる必要があるためスペースをとられデッキ本来の動きがしづらいのが主な理由です。
そこを何とかするのがプレイヤーの役目なんですけどね。
実際はどうなるのかわくわくしますね>д<
楽しみですw








スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kokuen155.blog68.fc2.com/tb.php/88-40f690d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。